読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い立ったら期日

20代後半の独身男が現世を嘆くブログ

郵便局配達員はまだマシ!?配送ドライバーの残業がキツイ…

郵便局 仕事とお金

f:id:omoitattarakijitu:20170104020504j:plain

佐川急便配達員の荷物投げ動画に同情

年末の繁忙期と思われる時期にアップされた動画。これについて私、郵便局員(ゆうパック)としては、「ダメじゃないか」よりも「気持ちわかるよ・・・」という同情の気持ちが大きかったです。

 

持ち出した荷物の半分が不在の時もある

全体の物量が少なかった時代はこれでもやっていけたかもしれないけど、急激に発達をしているネット通販(最近ではCtoCも多いですね)と人手不足により現場はとても疲弊しています。

 

「辞めればいいだろ」「勉強してこなかったのが悪い」の声

高速バスのドライバーが過労で事故を起こし多くの犠牲者を出すというニュースがありました。ハンドルを握る仕事には社会的な責任と影響がとても大きいと思います。それでも同じように言えるでしょうか。それでは根本的な問題解決にはならないと思います。

 

郵便局はまだマシ…!?

佐川やヤマト配達員はサビ残当たり前とか時間前出勤当たり前という話を聞きます。私の務めている郵便局では、時間ピッタリ開始、残業1分単位で計算していますので不甲斐なさを感じることはありません。本来はこれが普通のはずですよね。どうにもならない時は、バイクの人達や、偉い人達(笑)も手伝ってくれます。

 

12月の残業時間は66時間(休日買い上げ出勤あり)

でした。辛いのには変わりありません。しかし、話を聞く限り、他社配送会社よりはいくらかマシな気がします。ちなみに過労死と因果関係が認められる残業時間、いわゆる過労死ラインと言われる残業時間は80時間だそうです。

 

まだまだ改善の余地がある配達の仕事

最近になって配送業者の問題が表面化してきたためか、労いの言葉をくれる方や、自作の宅配ボックスを作ってくれる方が増えてきました。再配達は労働力を無駄にし、CO2排出量を増加させ、良いことがありません。会社と世間の意識が少しずつでも変わっていけばいいなと思います。

 

 

 

 

 

トミカギフトセット 郵便車コレクション

トミカギフトセット 郵便車コレクション